せん妄と不穏はどう違うか?

不穏の定義は、それほどしっかりしたものはありませんが、一般的に暴力的であったり落ち着きがない状況を示しています。一方、せん妄は、いくつかの症状が集まった状態のことをいい、その中には「注意力の低下」「症状の変動」「意識の変容」などが含まれています。
不穏はせん妄という判断をするときに必要な条件に入っていません。ちなみに、幻覚や妄想もせん妄という判断する必要条件には入っていません。

つまり、

1)不穏はかならずしもせん妄ではない。
2)不穏患者の中にはせん妄患者もいる。(過活動型せん妄)
3)不穏症状がないせん妄患者もいる。(低活動型せん妄)

ということになります。
暴れていても「せん妄」とは限らないので、注意力が低下していないか、等を評価する必要があるわけです。
ちなみに、せん妄のスクリーニングツール CAM-ICUに関してはこちらに詳しく書いてあります。
bilt.edu/icudelirium/docs/CAM_ICU_training_Japanese.pdf

このブログの人気の投稿

カテコラミンのシリンジ交換

CAM-ICUとICDSCどちらが良い?

CaO2、DO2とは?