看護必要度。。。

4月からICUはA項目B項目ともに3点以上になりましたねー。
みまさんの施設ではどうですか?
主にポイントになるのはA項目なのですが、

輸液ポンプはまあ使うとして、心電図、使いますよね。問題はあと一点、A-lineかシリンジポンプですね。これからはA-lineが抜けるのに抜かない。不必要にシリンジポンプを使うなんてもあるかもしれません。これは看護師がびしっと言ってやらねば。みなさんも言いましょうね、必要度を基準にして無駄なラインを抜かないのは間違っています。
必要ないデバイスはさっさと抜いてください、と。でも、看護部からは看護必要度満たせと言われてたりしててね。

まあ経営は経営。ある程度必要度を満たさない人は出さなきゃ行けない。そうすると稼働が下がる。某病院では稼働が下がると看護部が文句を言う。でも下げないと看護必要度を満たせない。看護必要度も満たせという。これって無理でしょ?病院全体の重症患者の割合で決まるものだし。

聞いた話では病棟で、ICUの看護必要度を満たすひとはICUにおりて加算をとればいいとか。そうじゃないでしょ??集中的な治療とケアが必要な患者がICUの適応なんだから。もしICUに来てそれなりのいいケアを受けれるのならいいと思うけど、本来ICUが不必要な患者に対し、看護必要度を満たすためにICUにいれてお金を取るというのはどうかな。

私たちの指名は末梢一本だろうが、急変する可能性があるひとをできるだけ早くICUにいれること。それで急変しないように観察やケア、処置をすること。シリンジポンプがあるとか、ないとかは関係ない。かなと思ってます。

やばい、言い過ぎた?

コメント

このブログの人気の投稿

カテコラミンのシリンジ交換

CAM-ICUとICDSCどちらが良い?

CaO2、DO2とは?